2017年日本大会エントリーは終了いたしました。

世界ストリートワークアウト連盟(WSWCF)公式

第1回ストリートワークアウト日本大会 in 沖縄

 

開催概要 競技内容 ルール

 


【開催概要】

 

主催:一般社団法人 ストリートワークアウトジャパン(SWJ

共催:世界ストリートワークアウト連盟(WSWCF)・東南植物楽園

 

助成:(一財)コザしん地域振興基金・沖縄県

後援:(公財)沖縄県体育協会・沖縄県・沖縄市・沖縄市教育委員会

   (一財)沖縄観光コンベンションビューロー・(一社)沖縄市観光物産振興協会

   沖縄市社会福祉協議会・沖縄テレビ放送株式会社・琉球朝日放送株式会社・沖縄タイムス社

 

協賛:(株)LEAD AGE・(有)公園沖縄・全日本空輸(株)・コザ信用金庫・(株)山開発

   (特非)仕事人倶楽部・仲宗根自動車解体・オキナワグランメールリゾート

 

1.大会趣旨:ストリートワークアウトSWSW=ライフスタイル』として掲げ、競技者のみでなくSWに関わる

       全ての人が自己成長する喜び、楽しさ・可能性を感じ、その素晴らしさを他者と共有する幸せを感じてもらう。

 

2.大会期日:平成29年11月4日(土)10:00〜17:00(雨天決行)

3.会   場: 東南植物楽園 沖縄県沖縄市知花2146 TEL:098ー939ー2555

4.入 場 料: 無料

 

5.競技規定WSWCF規定に準ずる。審査については、下記『競技内容についてを参照。

6.競技参加資格:ストリートワークアウトの競技スキルを持つ日本国籍保持者。

         又は3年以上の日本在住者。 ※女性は3名出場者がいる場合のみ、競技を行う。

 

7.    料:2,000円 当日会場受付にて支払う。 

8.出 場 選 手:25名。  ビデオ選考により決定。

 

ビデオの内容及び送付方法は以下とする。

①ビデオは2分以内(表現力は審査の対象になりません)

 

静的ムーブ(プランシェ・ヒューマンフラッグ・フロントレバー・バックレバー等)

 動的ムーブ(マッスルアップ・ハンドスタンドプッシュアップ・回転技等)

 コンビネーションムーブ(上記の動作を連続的に行う)を含まなければならない。

 

③動画は編集を行わずに一回撮りで行う。

④自身のYouTubeアカウントに動画を投稿する。

 またはSWJメールでも受け付けています。

 

 Youtubeの場合

 タイトルWSWCFストリートワークアウト日本大会 in縄 トライアウト○名前」とし、非公開とす

 る。

 投稿後、URL日本大会エントリーフォームにて送信する。

 ※動画作成についてサポートが必要な方は、事務局までお問い合わせください。

 

 メールの場合

 送付方法:①送る動画を圧縮→ ②日本大会エントリーメールに添付して送信。

 エントリーメール wswcf.swjc.entry@gmail.com

 

9.大会日程:10:00 開場

       10:30 開演・オープニングセレモニー

       11:001ラウンド開始(1人3分以内のパフォーマンス、全員第2ラウンドへ)

       13:05 音楽パフォーマンス(第1ラウンドの採点集計時間)

       13:40 第2ラウンド開始(第1ラウンドの下位の選手からパフォーマンスをする)

       15:45 ダンスパフォーマンス(第2ラウンドの採点集計時間)

       16:15 審査発表・クロージングセレモニー

       16:45 大会終了

     

       ※第1ラウンドの競技順等の詳細は、出場決定した選手に後日連絡します。

       ※加盟チームによるストリートワークアウト体験コーナーは、競技スペースとは別のところで

        随時受付。
        事前申込不要。自由参加。動きやすい服装でお願いし
ます。

 

10.表彰:優勝者にはトロフィーと2018年モスクワで開催のWSWCFナショナルチャンピオンシップへ派遣。

    2位、3位にはトロフィーを授与。

 

11.申込受付:平成29年7月1日

12.申込方法:HP内のエントリーフォームより申し込み → wswcf.swjc.entry

13.申込締切:平成29年8月20日(日)24:00必着

 

14.運営に関する事項:
①本大会は記録のためにスチール画像及び映像を撮影する。
大会期間中のパフォーマンス画像、

 選手の肖像利用に関しては、大会参加申込により了解を得たものとする。

②優勝者はロシア・モスクワで開催されるナショナルチャンピオンシップ(20187月開催予定)に出場す

 る権利と義務を有する。優勝者が参加できない場合は、その資格を2位受賞者に与える。

全ての競技者は、傷害保険(スポーツ安全保険)に加入すること。

 競技中に起因した怪我・病気は、主催者は一切責任を負わない。ただし、競技以外の場所においては

 主催者側で付保するが、発生した傷害に関する補償は、レクレーション傷害保険の範囲内とする。

④主催者は大会会場において応急処置のみを行う。救急を要する場合は、病院に連絡する。

⑤会場内及び駐車場での盗難、紛失、事故等に関しては自己責任とする。

 

●お問い合わせ:

SWJ事務局:E-mail:wswcf.swjc.entry@gmail.com 

 


 

【競技内容について】

 

各競技者は最大分間』のパフォーマンスを

第1ラウンド・第2ラウンド

計2回行う。 

 

鉄棒高さ(最高)2320mm:鉄棒幅(全て)1800mm:鉄棒握り(太さ)32mm (径)

            平行棒高さ:1230mm 平行棒横幅:610mm

 

静的技:

 スローモーションパワー、ストレングスムーブ

 プランシュ、ヒューマンフラッグ、バックレバー、スローマッスルアップ等

 

正確性や静止時間を採点基準とする。※静止3秒以上 

最高点:5

単独だと1.5点→2つ成功 3点 →3つ成功 5点(3つの基本点+0.5点)

 

基本となる静的技(例)

 

<フロントレバー>

・棒にぶら下がり、背中を地面に向けて身体と地面を水平にする。

<バックレバー>

・棒にぶら下がり、背中を上に向けて地面と身体を水平にする。

<ヒューマンフラッグ>

・棒を握り地面と身体を水平にする。 

 

② 動的技:

カテゴリ1:ダイナミックストレングス・2.5

        マッスルアップ、アームプルアップ、ハンドスタンドプッシュアップ等

カテゴリ2:ダイナミックアクロバティック・2.5

       オールスピン、フリップ等、流れが主に使われる技

  

最高点:5点

    単独だと2.5点→両方のカテゴリが成功した場合5点

 

  ムーブコンビネーション:静的技と動的技の技の組み合わせ

  鉄棒から落ちることや動きを止めることなく、技から技へスムーズに移行するもの。

 

・2回の静的ムーブコンビネーションと動的ムーブコンビネーションの混成コンビネーションを成功した場合 5

 少なくとも2つの動的技・静的技を1回のコンビネーションで成功した場合認められる。

 

・静的ムーブコンビネーションのみ成功 1.5

・動的ムーブコンビネーションのみ成功 1.5

 

 

【ルール】

出場選手は以下の大会ルール(PDF)をダウンロードし、熟読の上ご参加下さい⬇︎

ダウンロード
世界SW連盟公式 日本大会ルール.pdf
PDFファイル 190.8 KB